セフレ

no1FirstMail
  • FirstMail
  • 評価5

少し刺激のある出会いを楽しみたい方にオススメのサイトです。フリーアドレスで利用可能なので気軽に使えます!

FirstMailの詳細はコチラ▶

no2SWEET LINE
  • SWEET LINE
  • 評価4

掲示板やチャット等の出会いを探すために便利な機能が充実しているので、即会い・即エッチも可能となっています。

SWEET LINEの詳細はコチラ▶

no3フレンズナビ
  • フレンズナビ
  • 評価1

安心のサポートだけでなく、セキュリティもしっかりした優良サイトです。初めての方でも安心して利用できます。

フレンズナビの詳細はコチラ▶

no4大人の出会い
  • 大人の出会い
  • 評価3.5

コンテンツが充実しているので、楽しみながら理想の出会いを探す事ができます。飽きのこない人気サイトといえばコチラ!

大人の出会いの詳細はコチラ▶

no5愛カツ
  • 愛カツ
  • 評価4.5

シンプルで使いやすく、女性にも人気のサイトです。男女比が安定しているので出会いやすいと評判のサイトです。

愛カツの詳細はコチラ▶

初対面のセフレとセックスするまでの流れ

セックスするまでの流れ

「待ち合わせ場所に来てくれた・・・が!果たしてこの人は、本当に自分とセックスしてくれるのだろうか?その気はあるのだろうか?」―と、不安に思うこともあると思います。かくいう私もそんな一人で、慣れるまでは苦労したものです。
時には待ち合わせの後、「やっぱり無理です」と帰ってしまう人もいます。顔が気に入らなかったのか、それとも別の理由か・・・何であれ、それ以上は迫らないことです。その気がない相手には、どんな言葉も裏目に出ます。
また、こちらを前に「どうしよう」と悩む人も結構います。煮え切らない態度の場合は、ひとまずセックスから離れましょう。カフェなどオープンな場所へ入り、言葉を交わすのです。
その中で相手の態度は決まります。この場合も、NOを突きつけられたら迫らないことです。YESの場合のみ、徐々に距離を縮めていきます。また夕方以降の待ち合わせであれば、アルコールの勢いを借りるのも有りです。
大切なのは、相手に不信感を抱かせないことです。待ち合わせに応じてくれる相手は、少なからず性欲を持っています。迫るのではなく、相手の性欲を引き出すような行動をとりましょう。触れ合った指先が性欲を爆発させる・・・なんてことも、珍しくないのです。

セックスは“オーラ”を得る方法である

オーラを得る方法

セックスを楽しんでいる人って、男女問わず元気ですよね。体力があるという意味ではもちろんのこと、精神的な輝きも人一倍もっている人が多いです。
どちらかといえば、女性のほうが顕著でしょうか。セックスを楽しむ女性は肌が綺麗で張りがある・・・なんてよく言われますよね。そこには女性ホルモンも関係していますが、それだけではシックリこないところがあります。それほどまでに、肉体的・精神的に輝いているんです。
実のところ、国内ではあまり知られていませんが、国外ではこうした話が有名です。
・セックスはオーラを得る方法
アメリカの俳優ご用達の霊能力者、ロン・バーと交流がある佐藤氏(サイキックエージェント)によると、セックスは互いのオーラを輸血し合うに等しい行為だというのです。
またスピリチュアルカウンセラーとして有名の江原氏も、セックスはオーラを与え合う行為であり、双方に大きなメリットがあると語っています。
セックスを表現する際に「溶け合うような」「融合するような」と表現する人もいますが、これは実に的を得ていると思います。文字通り重なり合ってオーラを交え、互いに与え合う・・・スピリチュアル的なものを否定する人には信じがたい話でしょうが、個人的には強く押したい説です。
もちろん、相性が悪い相手とのセックスは除外されます。直感的に「あ、この人は駄目だ」と思ったなら、相当にオーラの相性も悪いでしょう。人が持つセンサーは恐ろしいまでに繊細で正確なので、相手の容姿がどれだけ優れていようと関わるべきではありません。
つまるところセックスは、大好きな相手―「この人に抱かれたい!」と思う相手に限り存分に楽しめということです。セックスで解放感や充実感を得られたのなら、その相手を逃がさないようにしましょう。良いオーラを与えてくれる相手は、そう見つからないものだからです。

セックスを労働の手段にする人たち

労働の手段

現代社会で生きていくためには、少なからずお金が必要です。山奥や孤島で完全自立の生活・・・という場合は別ですが、これを実行に移す際にはお金が必要になります。つまるところ、本当の意味での0円生活は不可能なのです。
さて、現代社会とお金といえば、いつの時代も切り離せない話題があります。売春です。
2014年現在、国内での売春行為は犯罪です。なかには「売春と援助交際は違う!」と豪語する女性もいますが、そのようなことはありません。援助交際も立派な売春であり、処罰対象になります。
しかし、いつの時代も売春を労働手段とする女性はいます。
生活苦から仕方がなく・・・という女性も、もちろんいるでしょう。驚くべきことに、昨今は援助交際や愛人契約を行うことで、学費を工面している学生も少なくありません。あしながおじさんといえば聞こえは良いですが、セックスが絡んでいるとなると何とも微妙です。
またOLなど、本業を持ちながら売春を行っている人もいます。この場合は生活苦というより、娯楽目的でしょうか。ブランド物が欲しい、海外旅行へ行きたい、贅沢な毎日を送りたいなど理由は各々微妙に異なりますが、自身の欲を満たすためであることに変わりはありません。
こうした女性たちに興味があるのなら、インターネットを通じて接触を試みると良いでしょう。所謂『出会い系サイト』を利用するのです。
その際に注意すべきは、悪質サイト(業者)やサクラ、美人局といった厄介者です。
・悪質サイト
悪質サイトは、利用者から金銭を搾取するために行動しています。無料と謳い利用者登録をさせた後に、「実は有料サイトです」と請求書を送り付けてくることも珍しくありません。
とはいえ殆どの場合、利用者に支払義務は生じません。契約法に違反するやり方であるため、こちらが強く出れば黙ります。相手がしつこい場合には、然るべき機関に通報しましょう。
・サクラ
出会い系サイトの運営が用意した“ヤラセ”です。どれだけアプローチしても会えることはありません。
特徴は、曖昧さにあります。デートしよう!と切り出しておきながら詳細な打合せを避ける、会いたい!と言いながらそれ以上の話題を振らない、などなど。
基本的に、筋が通らない(または歯切れが悪い)相手はサクラと判断しましょう。
・美人局
様々なタイプがいますが、いずれの場合もあなたの身は危険に晒されます。言われただけ払っておしまい・・・ということは、まず有り得ません。警察に駆け込んで相手共々罰を受けるか(あなたは売春、相手は脅迫ほか)、延々とカモにされるか、究極の選択を迫られることでしょう。
尚、援助交際の中には“逆”がつくタイプもあります。通常の援助交際と異なり、売り手は男性、買い手が女性です。
そのため男性は、セックスを楽しんで且つ報酬を得られることになります。なんとも美味しい話ですね!この場合も、インターネットを通じて相手を探しましょう。逆援助、逆援助交際といったキーワード検索を行えば、簡単にヒットします。
もちろん、この場合も悪質業者やサクラにはご注意ください。利用はすべて、自己責任でお願いします。

愛し合うためのセックスと快楽のためのセックス

愛し合うための

セックスには2種類あります。ひとつは、恋人や夫婦と楽しむ『愛し合う』ことを目的としたセックス。もうひとつは、セックスフレンドほか第二のパートナーと楽しむ『快楽』のためのセックスです。
愛し合うことで満足するカップルもいますが、実際には快楽ではなく物足りなさを感じている人が多いです。大切な相手だからこそ、遠慮が生まれることはありますからね。愛ゆえに満足出来ないセックスになる・・・愛は何とも複雑です。
そんな昨今に登場した、出会い系サイトとセックスフレンドという関係。流行らないわけがありません。
セックスフレンドは名の通り、セックスのみを楽しむ関係です。プライベートに干渉することはタブーであり、連絡は必要最低限しか行いません。
男女関係ながら“煩わしさ”を感じない為、あえて本命を作らずセックスフレンドとのみ楽しんでいる人もいます。精神的な支えが不要であれば、恋人をつくる必要などないからです。
しかし、すでに本命のパートナーがいる場合は、一呼吸おいたほうがいいでしょう。本命との話し合いで、セックスの悩みが解決する可能性もゼロではありません。セックスフレンドをつくった結果、本命と破局・・・なんてことでは悲しすぎます。

草食系男子を教育した話

草食系男子

今年で29歳になります。現在は居酒屋で店長の立場になりますが・・・女性ということもあり、何かと風当たりは強いですね。それでも続けていられるのは、良い店員と恋人に恵まれているおかげでしょう。
さて、この恋人。基本的に大人しく、趣味は映画鑑賞という22歳。私は「20代男性は性欲の塊」というイメージを持っていましたが、どうも彼は違うようで・・・。所謂、草食系なんでしょう。
こっそり布団に入り込んで胸を押し付けようが、浴室に突撃しようが「(私)さん、何やってるんですか〜!恥ずかしいからやめて下さい!」と抵抗するだけ。おかげで私、恋人がいるのに寂しく自慰でやり過ごしていました・・・。
しかし、それにも限界があります。言っておきますが、私はセックス狂ではありません。ただ、愛する彼に触れてほしいだけなんです。
そのことを友人に愚痴ると、思い切って教育してみてはどうかと言われました?セックスの教育=調教?!と聞き返すと、そうではないと笑われました。私の顔は、余程真剣だったのでしょう。
一先ず私は、インターネットで情報収集を行いました。「草食系男子」「セックス」「してくれない」というキーワード検索を行っていたなど、彼が知ったら顔を真っ赤にすることでしょう。
しかし、どうも世の中には私と同様の悩みを持つ女性がいるようで。いかにして草食系男子をその気にさせるか―という論議が行われている掲示板までありました。もちろん、熟読しましたよ。
そこで得た情報をもとに、私は彼とエッチなDVDを鑑賞するところから始めました。ただ誘うだけでは私が痴女だと誤解されかねないので、「友達が貸してくれたんだけど・・・こういうの見たこと無くて。一緒にみてみない?」と誘いました。
はじめは目線が泳いでいた彼ですが、場面が盛り上がると共に釘付けになり・・・ちらっと股を見ると、嬉しい反応をしていました。しかし、ここは我慢です。私から誘っては意味がありません。
残念なことにその日は何事も無く、二週間が経過しました。彼からのアプローチがないため、私は次の手を模索中だったのですが・・・思いがけないことが起こりました。
店を閉めて帰宅した途端、玄関で待ち構えていた彼に押し倒されたのです!
思い切り楽しんだ後、彼に聞いてみると・・・例のDVDが着火剤となり、彼はアダルト動画などを毎日閲覧していたそうです。
「実は僕・・・経験がなくて。どうしていいかわからなくて拒否していたけど、あのDVDを見たら(私)さんとエッチしたいと思えてきて・・・だから、動画で勉強しました・・・」
そうか。彼はエッチが嫌いなのではなく、やり方を知らなかったのか!なんとも可愛らし理由に、私はこれまでの苦労がすべて吹き飛びました。以来、彼は週4ほどのペースで私を求めてくれます。
草食系の彼氏をお持ちの皆さん。彼らは淡白である場合もあれば、セックスの方法を知らない場合もあります。セックスをしたい場合は、教本となるものを与えてみるのも手ですよ。

Copyright(c) 2014 優良のせフレ募集掲示板《noiseambient》 All Rights Reserved.